任意整理という言葉は一般的には負債整理と言われており、おのおの貸方へ返金を行うことを選択した借金を整理していく手だてになります。

その流れですが、司法書士事務所とか弁護士の資格を持つもの貸方と債務者の間に入って相談し法に照らしながら利息の再計算をして再計算した借りたお金の元金についての金利を少なくすることによって36か月程度の期日で返済を完了する借金の整理の方策です。

この任意整理にはいわゆる裁判所などの公的な機関が口出ししないために別の方策と比較して、手続きを取った際の不利な点があまりなく、過程が依頼人にとってあまり圧力になることがないので最初に選択してほしいモデルとなります。

さらに、貸し手がサラ金などの高額な借入利息ならば利息に関する法律で決まっている貸出利息を超過して払った金利分にあたってはその元金に適用するとして元金自体を減額することもできてしまいます。

つまりは、消費者金融のようなとても高い金利のところへある程度長い期間返している例ではけっこうな利息分を減額できる場合もあり10年近く返済しているケースなら借金そのものが消化されてしまう場合もあります。

借金の整理の利点については破産申告と異なり一部分のお金だけを整理することになるので、他の連帯保証人が付いている負債を除き検討したい場合や住宅ローンの分を除き検討する際などでも使うことも良いですし財産を処分してしまうことは求められませんので、マイカーやマンションなどの資産を持っていて放棄したくない状況でも活用可能な借金整理の手順といえるでしょう。

いっぽうで、これからの返済額と所得を比較検討して、おおむね完済が見通せるようならこの手順による手続きを進めていくことが可能ですが、自己破産手続きのように借金自体がなくなるのではありませんので元金の額が多い場合においては、残念ながら任意整理で選択肢を選ぶのは困難になるといえるでしょう。