この度は為替における基本的事柄についてのお話をしたいと思います。

為替市場とは「人の手で現金の送付をしなくても金銭授受の目的を果たすやり取り」を指します。

日常的に為替取引とは主に国際の為替について指すという場合が多いです。

国際の為替というものは国と国の通貨の換金を指します。

他国へ旅行(台湾、アメリカ)などしたことがあるならば、たぶん外国為替のやり取りをしたことがあるはずです。

銀行窓口に行って旅行先の国の貨幣へ交換したのであればまさに外為なのです。

為替の市場を簡潔にいうと買う側と売りたいと思う人の値を示すものです。

銀行同士の間での取引の末に決まってくるものです。

それがマーケットメイカーと言う世界のいくつかの銀行なのです。

為替の相場はたくさんの見えない力を受けても引き続いて刻々と変化して行きます。

為替を動かす要素としてはファンダメンタルズというものが挙げられます。

ファンダメンタルズが指すのは経済情勢、経済の基本とかいろいろな要因のことを指すものです。

その国の経済の上昇や景気状況、物価の指数、通貨政策、国際収支、失業者数、重要人物の一言などの原因が関わって為替のレートは変動するのです。

特に国際収支統計や失業者の割合は重要ポイントと思います。

貿易収支というものは日本でいうと財務省の用命で中央銀行(日本銀行)通関統計を叩き台として作った海外とのある時期の取引を残したものです。

国際収支統計は中央官庁や日銀のホームページ等で確認することができます。

就業者の統計、無臭業者数も重大となるケースが多い要因なのです。

ことに米国労働者の統計はポイントとされます。

毎月公開され、調べる対象が広いところが特徴です。

為替レートの変化は経済自体の変化であると言えます。

各国の経済の状況を見極めることで為替相場の変動推測が可能と結論付けられます。