キャッシングカードを所有しているのですが、利率が高額のようだと思っていてクレジットカード会社へと照会してみたのですけれども、お客様は無担保ですのでこの金利契約ですなどと言われてしまいました。担保のないクレジットカードとはどういうことなのでしょうか。斯うした疑問にお答えしていきたいと思います。担保というものがあるという意味はどのような状況のことを示すのでしょうか。カードローンの際利用目的というのが随意となってるフリーローンなどで担保契約していない事例といったものが殆どで、そのようなことを無担保借り入れというふうに言っています。逆にマイカーローンなどは買い込むものが確定してますから購入した物品に抵当権などを設定いていくのです。こうしたものが有担保フリーローン等と呼称されます。有担保ローンのメリットといったものは抵当が有る分の利子が低水準に設定されているというところです。しからば借金に担保といったものを契約設定し利息に関して低水準にする方が得する思惟するかもしれませんけれども仮に支払不可になった折は担保対象物を取られるということになってしまいますから、そんな無為なことをする人というのはいないと思います。実際担保などを契約設定できるというカードローンといったものも有りますがせっかく自分の信頼性で使えてしまうわけなので、わずかな利率についての額くらいについては見逃すと言うのが普通なんです。次に月給取りのような収入が一定しているひとは信用性というようなものもありわざわざ担保というようなものを設定しなくても金融機関のカードをこしらえる事というものが出来、個人事業主の場合所得が安定してないということから、担保の設定を促される場合も存在したりします。ローン会社というものは貸したというだけでは売り上げがないのです。取立てした後はじめて利益を計上できるので、至当な要望でしょう。それで無担保であっても借入できてしまう信用性というものが存するといったことはとても大きい意味というのがあったりします。